500社以上が掲載するアルバイト・パート求人メディア「おしごと発見ナビ」

お申し込みマニュアル 初めての方はこちら

求人募集ノウハウ

おしごと発見 NAVI > お役立ちコンテンツ > 飲食店でアルバイト募集をする際のコツ

飲食店でアルバイト募集をする際のコツ

pixta_11280528_M

この記事に辿りついた方なら、飲食店を経営されていて、アルバイト募集をすることを考えている方が多いのではないでしょうか?
今回は、そんなアルバイト募集をする際に知っておくと得する、ちょっとした「コツ」をご紹介しましょう。

募集の前に…採用ターゲットを明確化しよう

これまで募集の経験がある方も、そうでない方もいると思いますが、募集に際して、どんな人物に来て欲しいのか?具体的に言葉で明確化したことはありますか?
実は、この「ターゲットを具体的に明確化する」ことを行わない方が多く、多くの皆さんは、漠然と明るくて、好印象で、ハキハキしていて…なんていう印象だけで応募人物をイメージしている方が多いようです。
まずは、具体的にどんな人が欲しいのか考えてみましょう。主婦ですか?大学生ですか?どんな層を採用したいと思っていますか?また、どんな人物でしょうか?作業に緻密さは求められますか?笑顔が一番!の職場ですか?どんなことが得意な、誰を採用したいと考えていますか?この来て欲しいターゲット層を具体的に言葉で明確化することで、その層や人物に刺さる広告を初めて考えることができます。

もちろん、時給や時間などの条件面も大切ですが、アルバイト募集の成功の秘訣は、まずは採用ターゲットを明確化すること!と言っても過言ではありません。
ターゲットを明確化した上で、必要な情報を洗い出し、納得出来る、魅力ある広告作りを始めて見てくださいね。

ターゲットに刺さる時間の情報を書く

それでは、採用ターゲットが明確化されたらどんな情報がターゲットに刺さるのか、考えてみましょう。
どんなダーゲットであっても、多くの応募者が気にするポイントの一つは、時間の情報です。残業はあるのか?ないのか?あるのならばどれほどの残業時間を求めるのか?平日と休日では残業時間は異なるのか?土日出勤はどれほど必要なのか?大学生や高校生などの学生、子供がいる方が多い主婦の方、比較的時間の余裕のあるリタイアした方の層など、応募者の背景はそれぞれ異なります。
単純に何時〜何時まで、と明記するのではなく、応募者が実際に知りたい残業時間や準備時間などは、はっきりと書きましょう。応募者が実際に働くことになる際のイメージも湧きやすく、店舗自体に好印象を得られる可能性が高いです。
反対に、募集人にとって都合の良い時間、実態とは異なる時間を書いているとブラックな印象も持たれてしまうこともあるようです。時間については、正確に、はっきりと伝えていきましょう。

未経験OK!の意図が伝わる安心の情報を書く

近年、アルバイトの募集をしてもなかなか集まらない、なんていう飲食店も多いようです。
少子高齢化の世の中ですので致し方ない部分ですが、応募者の裾野を広げるために「未経験OK!」の文字を見る機会も多くなってきたような気がします。
幅広く募集する際に有効なこの「未経験OK!」という文章、「一から丁寧に教えます」という言葉も添えられている場合もありますが、もう一歩踏み込んで情報を伝えていく必要があります。
初めてだからこそ、未経験だからこそ、応募者は不安でいっぱいのはず。「教えてもらえるだろうけど、本当にできるのかな。きちんと教えてくれるのかな」こんな不安を持つ人が多いのではないでしょうか。
だからこそ、「教えます」という一言ではなく、どんな風に教えるのか?現場でのマンツーマン指導?事前研修はあるのか?仕事に慣れるまでの平均的な期間はどれくらい?などの情報を載せることが必要です。具体的な「教えてくれる方法」「期間」などを明記すると、未経験者OK!の文字にも説得力が増しますね。

応募者がなかなか集まらなくて苦労している方は、「未経験OK!」の文字に説得力をつけられるよう、広告の文章を見直してみてくださいね。最近、ある飲食店様で、「30分で出来るお仕事体験会」という広告を目にしました。未経験で不安ならば、実際に少しやってみてから応募を考えられるという、応募者視点を大事にした取り組みです。
ここまでの取り組みができるかどうかは個々の事情にもよりますが、応募者視点を大切にした取り組みや情報は、ターゲットに刺さる広告を作る上で大変重要です。他社との差別化を図るためにも、いろいろな側面から情報を見直してみてくださいね。

魅力ある募集広告のために

今回は、アルバイト募集をする際のちょっとした「コツ」をご紹介しました。
なかなか人が集まらなくて苦労する時代。いろんな媒体を使っても、募集広告費だけ膨らみ、応募者が数人、面接はドタキャン・・なんていう飲食店様もあるようです。
募集の見直しをする際は、まずは、採用ターゲットの明確化から始めてみませんか?
そして、どんな情報が必要なのか、再度考えてみませんか?
ネットで店舗写真を見て、広告文を読み、実際に店舗に足を運んでみるのは面接の時に初めて…なんていう応募者が多い世の中になりました。
だからこそ、応募者の目に最初に映る募集広告は重要なのです。

店舗名、時給、時間、仕事内容を一文書くだけの、一昔前の広告内容で人が集まる時代ではありません。
写真や文章を読んだだけでお店の魅力や雰囲気が伝わり、応募者が知りたい仕事内容や時間の情報が具体的に掲載されていることが重要です。
今回ご紹介したコツを参考に、ぜひ納得できる広告作りをしてみてくださいね。

webでカンタンお申し込み!

入力までたったの5分で簡単にお申し込みができます。
まずは、お申し込みフォームよりお申し込みください。

▶ お申し込みマニュアルはこちら