500社以上が掲載するアルバイト・パート求人メディア「おしごと発見ナビ」

お申し込みマニュアル 初めての方はこちら

求人募集ノウハウ

おしごと発見 NAVI > お役立ちコンテンツ > 求人募集でやってはいけない4つのポイントとは?

求人募集でやってはいけない4つのポイントとは?

pixta_25326675_M

求人募集は会社や店舗を経営するうえで欠かせない重要なもの。
素敵な人材と巡り合うために、様々な工夫を凝らしている会社やお店がたくさんあります。
しかし、求人募集は一歩間違えると求職者に悪いイメージを与えてしまうことがあります。
それだけならまだしも、ネットで悪い噂が広まって…なんてこともあるかもしれません。
そこで、そんな事態を避けるために、「求人募集でやってはいけないこと」を4つご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

1.「仲がいい」「アットホーム」を売りにしすぎる

従業員同士の仲が良く、まるで友達のように働ける職場は魅力的です。
しかし、それをメインの売りにしてはいけません。
求職者からすると「仲良くなれなきゃやっていけないのかな…」と不安に思ってしまいます。
あるいは「仲は良さそうだけど、仕事は大変なのかも…」と思われてしまうことも。
お店そのものの魅力をアピールした方が無難です。

2.「こういう人は向いていません!」と限定する

仕事によって向き不向きはありますが、それを職場の方から限定してしまうのは非常に印象が悪くなります。
「俺は受けるなってことか…」と最初から求職者を突っぱねてしまうと、どうしても排他的なイメージがついてしまいます。
排他的なイメージは店舗自体のイメージの悪化にもつながるので出来るだけ避けた方がいいでしょう。
逆に「こういう人が向いています!」というメッセージを強く押し出した方が、多くの応募が得られるのではないでしょうか。

3.時給や勤務時間が曖昧

飲食店などの場合、勤務時間が前後したりすることもあり、具体的な勤務時間や残業時間がわからない場合もあります。
ですが、そういった情報を曖昧に発信してしまうと、「このお店は時間の管理が杜撰なのかな…」という印象を持たれてしまいます。
もしそのような場合でも、モデルケースを示すなどして出来るだけわかりやすく具体的に情報を発信することが大切です。
また時給も同様に、深夜手当や残業代など細かく記載することで求職者も応募しやすくなります。

4.常に募集を出したままにする

出来るだけ多くの人材を得るために、求人を長く掲載しておきたいという方もいらっしゃると思います。
ですが、あまり長い間出しっぱなしにしていると、「常に人手不足ということは、このお店はすぐに人が辞めてしまうのかな?」と思われてしまいます。
お店ごとに事情は異なりますが、人がすぐに辞める職場というイメージは決してプラスにはなりません。
適切な人数を確保したら、その都度一旦求人は下げておいた方が安心です。

 

求職者の多くはインターネットで求人情報を探します。
その際、上述したようなことを行ってしまうと中々選択肢に入らないまま、時間だけがかかってしまいます。
中々求人が伸びないと思ったら、一度求人情報を見直してみるといいかもしれません。

webでカンタンお申し込み!

入力までたったの5分で簡単にお申し込みができます。
まずは、お申し込みフォームよりお申し込みください。

▶ お申し込みマニュアルはこちら