500社以上が掲載するアルバイト・パート求人メディア「おしごと発見ナビ」

お申し込みマニュアル 初めての方はこちら

求人募集ノウハウ

おしごと発見 NAVI > お役立ちコンテンツ > 採用担当者は知っておきたい!面接のコツ

採用担当者は知っておきたい!面接のコツ

pixta_16831231_M

アルバイトの採用において、どこの企業も必ず実施するのが「面接」です。
何度もアルバイト面接をした優れた経験がある方から、いつも面接はうまくいかない、納得感が得られない、と悩んでいる担当者の方まで様々いらっしゃると思います。
そして、業界によっては、なかなか人財が集まりにくい時代。かと言って、応募者を誰でも採用するわけにはいかないですよね。
働いてもらうからには、採用担当者として納得のいく面接を実施し、信用できる人財を採用したいものです。
では、どうすれば、納得できる人財を採用できるのでしょうか?今回は、そんなアルバイト面接における、ちょっとしたコツをご紹介しましょう。

①定番の質問から応募者の本質を見抜く

・ 志望理由  
・ これまでのアルバイト経験
・ いつから働けるのか?希望シフトは?
・ 長所と短所
・ 前職のアルバイトを辞めた理由

定番の質問としては、上記のような項目になると思います。
コツとしては、それぞれの質問をただ聞くのではなく、「意図を持って聞くこと」が重要になってきます。
例えば、志望理由。志望理由を聞く意図としては、条件面だけでなく、お店のことをある程度理解できているか、また、応募者の志望度合いを推し計ることを意図としており、結果、働いてほしい人物像とマッチしているか、の確認をすることができるのです。
応募者の志望理由として、「お金が稼ぎたかったので」「家から近かったので」という回答が返ってくれば、「条件面だけに惹かれて応募してきたのかな」ということが想像できます。
また反対に、「お店を利用した際に、スタッフの方がとても雰囲気が良くて、ここで働いてみたいと思った」などの回答であれば、お店の雰囲気やスタッフのこともある程度理解、共感してくれているのだな、と想像できるわけです。

また、これまでのアルバイト経験を聞く意図としては、前職での具体的な仕事、トラブル対応などから、仕事への誠実さや、やってもらう仕事との共通点を見出すことで、結果、どんなことが得意そうか、即戦力になれそうかなどの判断ができるわけです。
余裕のある担当者の方は、あらかじめ面接で聞きたい項目を書き出し、その質問で聞いた意図やチェックしたい項目を書き出した、チェックシートを用意されると良いかもしれません。
チェックシートがあると採用の軸がぶれることが少なくなります。また、担当者の感覚に頼った判断にならず、客観性も増しますので、合理的な採用面接がきっとできますよ。

②もっと聞いてみよう!定番以外の質問でよりマッチングを高める

それでは、定番の質問以外にはどんな質問があるでしょうか。ここでは、2つの質問例を挙げて考えてみます。

① うちの商品で好きなものは?

こんな質問は、ファーストフードやファミレスなどのお店からアパレル関係のお店まで、個人をお客様とした店舗のアルバイト募集であれば当てはまりますね。
好きな商品を聞くことで、応募時点でのお店の理解や志望度合いを想像することができます。
志望理由を聞くことと少し重なるように見えますが、単純に志望理由を聞くよりも一歩踏み込んだ質問になるので、応募者の考えや志望度合い、理解度をより深く知ることができるでしょう。

例えば、ケーキ屋さんの面接であった場合、「定番のケーキでは◯◯が大好きで、季節限定では◯◯が大好きです」と笑顔で自信満々に答えてくれた場合。
採用後、お客様にも心から自信を持ってお勧めしてくれるのではないか、という想像ができますね。また、もちろんそんな大好きな商品があれば、長く継続して、仕事も熱心にやってくれるのではないか、という期待もできます。
接客のお仕事がメインになるようであれば、好きな商品やメニューがあった方が実際のお仕事でも役に立つことが多いのではないでしょうか。ぜひ、接客業のアルバイト面接をされる方は、「好きな商品、好きなメニュー」などを聞いてみてくださいね。

② 何か質問はありますか?

この質問はぜひ行っていただきたい質問です。というのも、応募者に質問をさせることで、マッチング度合いを高める意図があるとともに、質問を受け付けてくれるという、応募者に面接の好印象を持ってもらえる期待ができるからです。
応募者が条件面の質問をしてきたならば、実際に働くことになった場合のシフト希望、土日休日出勤の頻度、時給面や試用期間など、金銭面なども含めて、双方の認識のズレをあらかじめ防ぐことができます。
また、学生であれば、テスト期間などのシフト相談などもあるでしょう。
加えて、応募者に質問を促して答えられるということは、それだけ真剣に面接を受けており、実際に働く可能性が高いということもわかります。
面接の最後には、ぜひ「何か質問はありますか?」と聞いてみてくださいね。

面接の成功のために

今回は、面接のコツをご紹介してきました。
さらなる面接の成功のためにお勧めしたいことは、面接の準備として、履歴書を予めチェックされることです。
チェックするのは、書かれている内容はもちろんのこと、文字の丁寧さ、正確さもチェックしておくと良いでしょう。
綺麗な字である必要はありませんが、丁寧に書いているかどうか、がポイントです。働く意欲が高ければ高いほど、丁寧に書いている可能性が高いです。
また、内容に偽りや矛盾がないか、嘘っぽくないか、などの観点からチェックしておいても良いでしょう。
面接で突っ込んで聞くことで、その人の本質を垣間見ることができるかもしれません。

今回ご紹介した面接のコツと準備を参考にしていただいて、ぜひ面接を成功させてくださいね。

webでカンタンお申し込み!

入力までたったの5分で簡単にお申し込みができます。
まずは、お申し込みフォームよりお申し込みください。

▶ お申し込みマニュアルはこちら