500社以上が掲載するアルバイト・パート求人メディア「おしごと発見ナビ」

お申し込みマニュアル 初めての方はこちら

求人募集ノウハウ

おしごと発見 NAVI > お役立ちコンテンツ > バイト・パートの求人掲載はどうやって決める?求人募集方法のコツや秘訣を徹底解説

バイト・パートの求人掲載はどうやって決める?求人募集方法のコツや秘訣を徹底解説

pixta_22605985_M

「アルバイトやパートの人手が欲しい」そんなときはフリーペーパーやWebサイトなどで求人掲載をするかと思います。
とはいえ、これだけ多くの会社が求人を出している中では、掲載媒体の特徴や掲載のコツをおさえていなければ、希望する人材を集めるのは至難の業です。

今回は、アルバイトやパートの求人掲載媒体の決め方や、求人募集のコツや秘訣を解説いたしましょう。

求人掲載はどのような種類があるか

pixta_31371906_M

アルバイトやパートの募集をかけるとき、次のような方法があります。

・ハローワーク(公共職業安定所)
・求人情報誌
・求人掲載Webサイト
・人材紹介、人材派遣会社
・大学や専門学校といった教育機関から学生を紹介してもらう
・その他(SNSを使って求人募集する、知人からの紹介など)

 ハローワーク(公共職業安定所)

pixta_34498640_M

厚生労働省から指定された各都道府県の労働局が管理をしており、求人掲載時に費用がかからないのが特徴です。
ただし、表示される情報がやや形式ばっていることから希望するターゲットに刺さりにくく、即時性を求めるのには不向きです。

 求人情報誌

求人誌イメージ

求人情報誌の代表格ともいえるのが、コンビニや書店などに置いてある「タウンワーク」です。
掲載枠の大きさと掲載期間によって料金が決まり、掲載した時点で料金が発生します。

 求人掲載Webサイト

pixta_19478806_M

「マイナビバイト」や「おしごと発見T-SITE」のように、Web上で求人を掲載するスタイルです。中には、タウンワークのように紙面とWebの両方をもっている会社もあります。
求人情報誌のように掲載時点で料金がかかるもの(=定額タイプ)もあれば、応募や採用があってはじめて料金が発生するもの(=課金タイプ)もあります。

 人材紹介・人材派遣会社

pixta_29014598_M

募集するターゲットが明確であれば、人材紹介のプロに依頼するのも一つの手といえます。
ただし、募集からマッチングまでをプロに任せることから、この中では最も料金が高くなる傾向にあります。

 大学や専門学校などから学生を紹介してもらう

pixta_18946829_M

大学の就職課などに依頼し、教育機関から直接学生を紹介してもらいます。
学生の本分は学業であることから、勤務条件・内容が「学業に支障をきたす」「教育上ふさわしくない」と判断されるものはNGとなります。

その他

求人イメージ

限られたコミュニティの中から求人を募集したいのであれば、SNSを活用したり、知人に紹介してもらうのもいいでしょう。
確実性は下がるものの採用コストが抑えられ、求職者の信頼性もある程度担保されるのがメリットといえます。

その中でも、Webの求人媒体はどのようなものがあるのか?

Sites Area Location Section Place Website Concept

多くの人がスマートフォンを所持している現代では、アルバイトやパートのお仕事をスマートフォンで探す方が増えています。
Web上の求人媒体はかなりの数がありますが、有名どころだけでも以下のようなサイトがあります。

・バイトル
・タウンワーク
・おしごと発見T-SITE
・マイナビバイト
・an(LINEバイトと提携あり)
・フロムエーナビ
・マッハバイト

どれを選べばいいか迷っている方は、次章以降の料金や掲載期間の比較を参考にするといいでしょう。

Webの求人掲載サイトの料金形態とは

Woman is counting money with statement paper financial concept.

上記で挙げた7つの求人サイトの料金形態を見てみましょう。
多くのサイトは、応募・採用人数に関わらず掲載時点で料金が発生する「定額タイプ」を取っていますが、中には応募や採用が決まった時点で料金が発生する「課金タイプ」を選べるところもあります。

なお、料金はすべて首都圏エリア(東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県)を対象としています。

表1:Web求人媒体の掲載料および掲載期間(※2017年10月時点)

 

定額タイプの場合、1~2週間の掲載期間で最低でも2万円前後の掲載料がかかってくるようです。
その分、何人採用しても費用は変わらないため、場合によっては費用を抑えることが可能です。
一方、課金タイプの場合は掲載時点での費用は0円であるものの、応募者が多いと定額タイプより費用が高くなる可能性があります。

Web求人掲載サイトの簡単な比較

pixta_21617644_M

金以外の点では、利用ユーザーの年代層や各サイトが持つ特徴から選んでいくといいでしょう。
学生に強いものもあれば、幅広い年代層に対応しているなど、それぞれ利用するターゲット層が異なることにも注目です。

表2:Web求人掲載サイトのターゲット層や特徴など(2017年10月時点)

 

求人掲載を成功させる3つのポイント

pixta_20353624_M

多くの求人広告が出ている今のご時勢では、募集のコツおさえていなければ、希望する人材を確保するのは大変厳しいです。
求人掲載を成功させるポイントとして、次の3点を意識するといいでしょう。

・採用側で募集ターゲットを明確にする

・給与や勤務時間など、ターゲットに合う労働条件を提示する

・クリックしてもらえるよう、掲載ページに気を配る

 ここでいう「成功」とは

まずはじめに、求人掲載における「成功」を定義しておきましょう。
ここでいう成功とは、「希望する人材(=ターゲット)を、短期間かつ低コストで確保すること」とします。

 ポイント1:採用側で募集ターゲットを明確にする

Illustration of focus on goals target pay attention

・夕方~夜にかけて働いてくれる「学生」、それとも平日の昼間に入ってくれる「主婦」

・接客業なので「笑顔でハキハキ話せる人」、それともキッチンに入ることから「基本的な調理スキルがある人」

どういった人に来てほしいかを明確にすることが、成功させるポイントで最も重要となります。
募集ターゲットを明らかにしておくことで、選考基準が明確化するだけでなく、求職者とのミスマッチを減らせるというメリットもあります。

 ポイント2:ターゲットに見合う労働条件を提示する

Asian man interview woman for job register with wonder feeling,

ポイント1でターゲットを明確化したら、その層に刺さるような労働条件をPRしましょう。

例えば、主婦の方であれば「土日が休める」「15時までの勤務」、学生なら「週2勤務」「まかないつき」などが挙げられます。
特に、勤務時間と給与は求職者が最も気にするところですので、細かく情報を提示してあげると◎。

ポイント3:クリックしてもらえるよう、掲載ページに気を配る

pixta_26230823_M

たとえ、その求職者にマッチした労働環境であっても、そのページを見てもらえなければ意味がありません。
ターゲットとしている層が、自社の求人広告をクリックしてもらえるような文言や写真を使うのがポイントです。
また、上位のプランにするほど掲載ページが大きくなったり、検索上位に表示されるようになったりします。
資金に余裕があれば、上位プランへの変更やオプションなどで、クリック率を上げるのも一つの手といえます。

以上が、求人掲載を成功させるための3つのポイントでした。

 おわりに

求人掲載の種類をはじめ、Web求人掲載サイトの料金や特徴の比較、募集を成功させるコツをお話したしました。

大半の求人掲載サイトは、掲載期間が短期間であることから、人が全く集まらないとお金を捨ててしまっているようなものです。
ここに掲載しきれなかった他の掲載サイトも確認しましたが、おしごと発見Tサイトのような1年単位で契約できるところは、見当たりませんでした。

「できるだけ費用をかけずに、人材を募集したい・・・」と思っている方は、まずはお仕事発見T-SITEから掲載してみませんか。

webでカンタンお申し込み!

入力までたったの5分で簡単にお申し込みができます。
まずは、お申し込みフォームよりお申し込みください。

▶ お申し込みマニュアルはこちら